読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食道がんは、男性というだけで要注意?

誤解だらけのがん検診

1.食道がんになった著名人は…?

 

著名な方が食道がんに罹患したというニュースを、時々目にすることがあります。どんな方がいるでしょうか?

 

漫画家の赤塚不二夫さん

落語家の立川談志さん

指揮者の小澤征爾さん

歌手の桑田佳祐さん

歌舞伎役者の中村勘三郎さん

などが有名です。

 

この方たちは全員男性です。

みなさんの周囲にも食道がんにかかったという方がいるかもしれませんが、男性の方が多いのではないかと思います。食道がんの患者数は、男性が女性よりも5倍以上多いと報告されています(がん情報サービスより)。

男性であること自体が食道がんのリスク因子なのでしょうか?

 

その可能性もありますが、実は男性に多い生活習慣が食道がんのリスク因子になっているので、結果的に食道がんが男性に多くなってしまっているのです。

では男性に多い食道がんのリスク因子は何なのかというと、「アルコール」「タバコ」のツートップです。

 

もちろん女性で「アルコール」と「タバコ」の両方を嗜むという人も決して珍しくありませんが、やはり絶対数で言えば男性に比べて少ないでしょう。

この2つはそれぞれが独立したリスク因子ですが、両方重なっている場合にはさらに発がんのリスクが増します。その相乗作用の強さは、がんの中でも際立っています。

 

またその他、逆流性食道炎食道がんのリスク因子であることが分かっています。

 

 

2.やっぱりアルコールも有害なのか?

 

「アルコール」は「タバコ」と並んで、生活習慣の中でも特に影響力の強いリスク因子です。

アルコールも肝臓がんとの関係だけがクローズアップされていて肝臓がんにしか影響しないと誤解されがちですが、適量を超えて飲酒すると、

「口腔がん」、

咽頭がん」、

喉頭がん」、

食道がん」、

「大腸がん」、

「肝臓がん」、

「乳がん」、

計7種類のがんのリスクを高めることが分かっています。

 

今の7種類のがんの中に、「胃がん」が含まれていないことに気づきましたか?

実は、アルコールが胃がんのリスクを上げるという確証は今のところ得られていません。少し意外な気もします。ただし、飲酒するとアルコールが流れていく「口腔」、「咽頭」、「食道」「大腸」など消化管のがんのリスクが軒並み上がっているので、消化管の一部である「胃」も、全く影響を受けないと考える方が不自然かもしれません。

 

 

3.適量って…?

いずれにしても、食道がんを含め、その他のがんの一次予防としてアルコールはとても重要なので、飲酒は適量にとどめることが大事だと思います。

 

f:id:shintarok:20161129081257j:plain

f:id:shintarok:20161129081317j:plain

(文・イラスト 近藤慎太郎)

食道がんは本当に「治る」がんなのか?

誤解だらけのがん検診

1.食道がんの5年生存率は?

 

今まで「食道がんは治療が難しくて治りにくい病気」と言われてきました。

それはある程度正しい認識です。前回の冒頭でも、食道がん手術は体の負担が大きいと説明しました。

 

 

そんな食道がんを、本当に「治る」がんと呼んでいいのでしょうか?

 

国立がん研究センターが発表しているステージⅠ期の5年生存率は、胃がん、大腸がんともに95%を超える非常に高いものでした。

では食道がんはどうかというと、実は85.4%に留まっていますことさらに低いともいえない数値だとは思いますが、胃がんや大腸がんに比べるとやや見劣りがしてしまうかもしれません。これでは「治る」がんというのには不十分じゃないかと思われる方も多いでしょう。確かにこの数値だけを見ればそうかもしれません。しかしそれでも食道がんが「治る」がんなのだと私が主張するのには理由があります。

 

2.ステージはIから始まるという誤解

 

がんのステージ分類はIから始まってⅣで終わると誤解されがちですが、実は0から始まるものが大多数です。

食道がんの場合も、粘膜の中でも粘膜上皮というごく表面とどまるがんの場合は0期に分類するという国際的なルールになっています。この0期のデータが入っていないので、I期のデータである85.4%だけを見ると、食道がんの5年生存率が比較的低めになっていると感じるのです。

なぜ0期のデータが入っていないのでしょうか?

 

それには様々な理由があると思います。

早期の腫瘍の場合、「がんのギリギリ一歩手前の良性腫瘍なのか、それを一歩超えたばかりのごく早期のがんなのか」という判断は、専門の医師の中でも意見が分かれることがあります。特に、胃がんなどは日本と欧米で診断基準すら違います。

0期というのはそのような判断の難しいグレイゾーンのデータなので、あえて入れていないのかもしれません。

 

また、このデータは2004年から2007年の間に診断されたがんを元にしていますが、一般論として、その当時に0期の食道がんを見つけるということは内視鏡専門医でもなかなか難しいことでした。

 

がんというのは大きく盛り上がっていたり陥凹したりして形態上の特徴が明らかであれば診断しやすいのですが、早期の食道がんの場合はそうではなく、「よくよく見ると周囲の正常粘膜と比べて色調が少し違う程度」ということが多々あります。

このため、よほど注意深く観察しないと0期の食道がんは見つからなかったのです。

 

3.進化する食道がん診断

 

早期の食道がんを見つけるための工夫として、以前はヨード液を食道に散布して観察するという方法を用いていました。正常粘膜と食道がんのヨード液に対する染まり方の違いを利用して診断する方法です。

今でもこの方法は有用なのですが、ヨード液は刺激の強い液体で、食道に散布すると強い胸やけが生じることがあります。そのため患者さんからの苦情も多いですし、散布にも手間がかかるので、あるかどうかわからない食道がんのチェックのために、ルーティンとして全員に行うというわけにはいきませんでした。

 

しかしNBI(Narrow Band Imaging)という画期的なシステムが開発されてから状況が劇的に変わりました。

原理の詳細な説明は避けますが、内視鏡の先端から特殊な光を食道に当てることにより、がんの部分だけ色調を変えて目立たせることができるのです。

内視鏡についているボタンを一つ押すだけで、通常の観察よりも飛躍的に多くの早期食道がんを見つけることができるようになりました。(注1)

 

現在ではNBI以外にも様々な光学的な技術が開発され、それぞれが早期食道がんの発見に貢献しています。最終判断のためには依然としてヨード液を撒く必要性がありますが、患者さん全員に何の苦痛も与えずに食道がんのチェックができるというメリットは非常に大きいのです。

 

こういった機器が導入され、0期で発見される食道がんが増えれば、当然完治が増え、その分I~Ⅳ期の食道がんが減るはずです。そしてその結果、食道がんの全体的な5年生存率は改善されていくでしょう。

 以上の理由から、私は食道がんも「治る」がんだと考えますし、今後の死亡率の減少を強く期待しています。

 

f:id:shintarok:20161122074049j:plain

 

(注1)Muto M et al. Narrow-band imaging combined with magnified endoscopy for caner at the head and neck region.Dig Endosc. 2005 17 Suppl S23-24

 

(文・イラスト 近藤慎太郎)

なぜ今、食道がんに注目しなくてはいけないのか

誤解だらけのがん検診

1.前回までのおさらい

 

さて、少し間(あいだ)があいてしまいましたが、がん検診の話を再開したいと思います。

 

胃がん検診についての最後のブログで、「胃カメラの方がバリウム検査よりも明らかに優れている点は、食道を詳細に観察することができること。」と述べました。

 

 

とはいえ逆の見方をすると、食道がんのリスクが極めて低ければ、胃カメラに固執しなくてもいい、ということもできるでしょう。

いずれにしても、適正な胃がん検診について議論をするためには、下準備として食道がんについて明らかにする必要があるということが分かりました。

 

今回からは、食道がんについて詳しく解説していきたいと思います。

 

 

2.食道の役割は?

 

食道は口と胃を結ぶ、円筒形の臓器です。

食道は粘液を分泌して、ゴックンと飲み込んだ食事をスムーズに胃に送り込む役割があるだけで、実は食事内容の消化・吸収にはほとんど関わっていません。ではなぜ食道という臓器が必要なのでしょうか?

 

胃や小腸、大腸といった大部分の消化管は腹腔(お腹の中)に収納されていますが、食道は胸腔(胸の中)にあります。胸腔にはほかにも心臓や肺、太い血管といった生命維持に欠かせない重要臓器がたくさんあり、スペースの余裕はありません。そのため食道には、口と腹腔をつなぐ「廊下」の役割があるのです。

 

f:id:shintarok:20161115092238j:plain

 

3.食道がんの手術は体への負担が大きい

 

しかし食道が胸腔にあるという事実が、食道がんの手術をする場合に、リスクを大幅に上げる原因となっています。

 

例えば胃がんや大腸がんの手術をする場合、開腹であっても腹腔鏡であっても腹腔の中だけで全ての手術操作が行えます。しかし食道がんの場合は話がより複雑です。まず胸腔にある食道を切除して取り出し、次に無くなった食道のスペースに、腹腔にある胃を胸腔まで持ち上げてきて食道の代わりをさせます。この一連の処置を行うために、場合によっては頸部、胸腔、腹腔の3か所を開ける必要があるのです。

 

手術範囲が広くなればなるほど時間がかかりますし、手術に伴うリスクも増加します。また術後に感染を起こした場合には、心臓や肺など重要臓器が近くにあるため重篤になりやすいのです。

 

食道がん内視鏡的に治療できる早期に見つかることが望ましいのはもちろんですが、手術になった場合の体への負担を考えると、早期発見の必要性は胃がんや大腸がんよりも更に切実といえるでしょう。

 

 

4.なぜ今、食道がんに注目しなくてはいけないのか

 

食道がんの患者数は、男性6位女性19位と報告されています(がん情報サービスより)。圧倒的に男性に多いがんだということが分かります。

また、食道がんの死亡数は男女合わせて11576人と報告されており、胃がんの死亡数47903人と比べると、だいたい1/4弱ということになります(平成26年度死因簡単分類別にみた性別死亡数より)。

 

本ブログの趣旨は、より多くの人に有益であるように「患者数の多い」、「治る」がんを取り上げるという事でした。

食道癌は患者数、死亡数から言えばむしろ少ない方ですが、胃がん検診について議論するために取り上げる必要があるということは前述しました。

そしてさらに、以下の理由からも食道がんに注目する必要性があると考えました。

1.やはり「治る」がんである

2.一次予防の重要性が極めて高い

3.患者数が増加する可能性が高い

特に2,3は非常に大事なポイントといえるでしょう。(つづく)

 

(文・イラスト 近藤慎太郎)

『風の谷のナウシカ』 宮崎駿 その2 (書評・近藤慎太郎)

生と死を照らす100冊

宮崎駿のマンガ版『風の谷のナウシカ』は、後世に残る傑作です。

 

 

なぜ人は環境を破壊しながらも戦争をやめられないのか?

不幸の連鎖は断ち切れるのか?

環境は人の敵なのか?味方なのか?

人は安寧を求めればそれでいいのか?

いかに生きるべきなのか?

 

重層的に提示されるテーマはいずれもまさに哲学的です。

 

そして特筆しておきたいのは、その構成力です。

すべてのエピソードがしかるべく収束されていき、最後のクライマックスを迎えます。

哲学的で複雑な内容なので、趣旨が変化したり、結論が出にくかったりする場合もあると思いますが、連載が長期にわたっておきながら、過不足なく首尾一貫した内容にまとめ上げる剛腕ぶりには脱帽です。

すべての構成を見通してから連載が始まったとは思えませんし、よほど確固たる信念がなければこれは不可能でしょう。

 

いわゆる「友情・努力・勝利」的な日本のマンガの王道的アプローチとは無縁なので、マンガを読んでカタルシスを得たいという方にはもしかしたら不向きなのかもしれません。どちらかと言えば、時間をとってじっくりと対峙するという作品です。私は読みながら、本作品の立ち位置が、フランスのマンガである『B.D.(バンド・デシネ)』に近いなと感じました。

 

日本のマンガ市場においては、当然日本の作品が量・バラエティともにダントツの存在であって、あとはせいぜい『バットマン』などのアメコミがごく少数認められる程度です。しかし日本にあまり紹介されていないだけであって、実はフランスも有数のマンガ大国なのです。宮崎駿や、『アキラ』の大友克洋にも影響を与えた巨匠メビウスなどが代表的存在です。

  

L'INCAL アンカル (ShoPro Books)

L'INCAL アンカル (ShoPro Books)

 

 

ジブリの映画は、シンプルで優しい素朴な線で描かれているイメージが強いのですが、『風の谷のナウシカ』の絵はとにかく緻密に描き込まれており、メビウスからの影響を色濃く感じます。

そしてメビウスの作品も含めて『B.D.(バンド・デシネ)』は、単純なエンターテイメントというよりも、複雑で哲学的な内容であることが多いのです。日本のように数百円で買えるようなコミックスではなく、それこそ『風の谷のナウシカ』のように大型のもので、製本もかなりしっかりしており、美術書や文芸書と一緒に並んでいることが多いようです。

風の谷のナウシカ』との共通点は多く、宮崎駿の念頭に『B.D.(バンド・デシネ)』があったことは間違いないと思います。

 

ただし、だからと言って過剰に身構える必要はありません。

本作品はエンターテイメントとしてもきちんと成立しています。

様々な愛すべきキャラクター、

物語の推進力となる謎とその解明、

緻密な描写、

乗り物や建物のデザインに至るまで、実に魅力的です。

 

天才が持てる限りの情熱を傾けて、最大限の努力をしながら長い時間をかけて作り上げたものが本作品なのです。もう手のつけようがありません。

 

私は大学生の時に本作品を読んで深い感銘を受け、今回20年ぶりぐらいに再読しました。

20年のうちに溜まった皮肉で小賢しい物の見方が、過去に私が受けた感銘を矮小化したり損なったりしてしまうのではないかとちょっと恐れていたのですが、そんなことはまったくの杞憂でした。同じようにノックアウトされましたし、むしろちょっとしたセリフの説得力や構成の妙など、再読によって得た細かい発見も多く、理解が深まったような嬉しい気持ちすらありました。

 

最終巻、長い旅路の果てにナウシカ腐海や人間の秘密にたどり着き、とある勢力と対峙することになります。

彼らの主張にも一分の理があります。ナウシカはどのような選択をするのでしょうか?ぜひみなさんの目で確かめてください。

 

 

さて最後に、宮崎駿にはこんな作品もあります。

チベットの民話をベースに、絵物語風にオールカラーで描かれています。

  

シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))

シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))

 

  

この作品もあまり知られていないと思いますが、『ナウシカ』や『天空の城ラピュタ』の世界観を一部共有しており、大変興味深く読めます。宮崎駿ファンの方は、こちらもどうぞ。

『風の谷のナウシカ』 宮崎駿 (書評・近藤慎太郎)

生と死を照らす100冊

よく、「努力に勝る天才(才能)はない」という趣旨の文章を目にします。

確かに自分の才能にあぐらをかいて努力を怠ってしまい、コツコツ頑張ってきた人に抜かされてしまう人がいるのも事実です。

しかしその一方で、溢れんばかりの才能があって、さらに最大限の努力までしている人も世の中にはいます。そういう人は当然その分野で突出した活躍をしており、この辺が限界点なのかなという領域を突き破り、私たちが認識できる世の中の枠組みを少し拡げてくれたりします。

日本人で言えば、イチロー宇多田ヒカル、そして今回取り上げる宮崎駿などがその代表だと思います。

 

宮崎駿は『ルパン三世カリオストロの城』、『風の谷のナウシカ』、『天空の城ラピュタ』、『となりのトトロ』、『千と千尋の神隠し』など、世界的にも有名なアニメーション映画を多数製作しています。

その他にもTVシリーズとして、『アルプスの少女ハイジ』、『未来少年コナン』などを手掛けています。また、ルパン三世のセカンドシリーズの最終話『さらば愛しきルパン』は宮崎駿が別名義で製作しているのですが、この話は30分番組とは思えないほど濃密で完成度が高いです。クラリスナウシカラピュタに出てくるロボットの原形が出てくるので、興味のある方はぜひ観てください。

  

ルパン三世 second-TV.BD-(26)(Blu-ray Disc)

ルパン三世 second-TV.BD-(26)(Blu-ray Disc)

 

  

ちょっと興奮して脱線したようです。

 

さて、今あげたような宮崎駿の作品を一つも見たことがないという人は非常に稀だと思いますが、もし「宮崎駿=アニメーション」だけだと思っているとしたら、これは途轍もない大損をしています。

なぜなら、宮崎駿にはマンガ版の『風の谷のナウシカ』という、世界記憶遺産レベルの大傑作があるからです。

 

  

マンガ版の『風の谷のナウシカ』は『アニメージュ』という月刊誌で1982年から連載が始まりました。幾度も中断を挟みながら1994年、足掛け13年を掛けて完結し、全7巻の大型の単行本にまとめられています。

 

映画版の『風の谷のナウシカ』も、久石譲の素晴らしい音楽と相まって、グウの音も出ないほどの傑作ですが、分量としてはマンガ版の2巻の途中までをまとめたものにすぎません。しかも映画版単体で内容が完結するように、シンプルに再構成されています。

 

一方マンガ版では、トルメキア王国と対立する土鬼(ドルク)という勢力があり、2つの大国の覇権争いを軸にしながらストーリーが展開していきます。

そしてそこに、ナウシカに代表される小国の人々や、腐海に生きる人々の思惑、暴走する王蟲(オーム)や腐海の成り立ちの謎などが複雑に絡み合っていきます。

映画版だけでも十分素晴らしいのに、実はその先には、更に何倍も豊穣な世界が広がっているのです。

 

よく本作品は「エコロジーをテーマにしている」と解説されます。別に間違いではないでしょうが、手垢のついたその言葉だけで本作品を十全に評価することはできません。

 

なぜ人は環境を破壊しながらも戦争をやめられないのか?

不幸の連鎖は断ち切れるのか?

環境は人の敵なのか?味方なのか?

人は安寧を求めればそれでいいのか?

いかに生きるべきなのか?

 

重層的に提示されるテーマはいずれもまさに哲学的です。(つづく)

『メメント・モリ』 藤原新也 (書評・近藤慎太郎)

生と死を照らす100冊

メメント・モリ

ラテン語で「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」という意味の警句。(ウィキペディアより)

 

著者は東京芸大中退後にインドなどアジア各地を長期間放浪し、写真と文章が渾然一体となった作品を生み出し続けてきました。

 

本作品は代表作の一つであって、旧編から新編への移行はありましたが、1983年の刊行からずっと読み継がれてきたロングセラーです。

ガンジス河のほとりで、沖縄の名もない場所で、生と死が交錯する一瞬を切り取った写真に短い文章が添えられています。

 

メメント・モリ

メメント・モリ

 

 

収められている写真はとても「雄弁」です。ガンジス河に放置される遺体、荼毘にふされる遺体、犬に喰われる遺体…。「死」がそのままの形で提示されています。

しかもそれらは決して特別なものではなく、その場所においてはありふれた、あくまで日常の延長として捉えられています。

さらには娼婦の写真からも、咲き誇る花の写真からも、やはり日常にひそむ死の予兆を感じます。

 

作者の意図は序文に込められています。

 

「いのち、が見えない。(中略)死ぬことも見えない。いつどこでだれがなぜどのように死んだのか、そして、生や死の本来の姿はなにか。今のあべこべ社会は、生も死もそれが本物であればあるだけ、人々の目の前から連れ去られ、消える。」

 

そして、中程にはこんなメッセージが。

 

「死とは、死を賭して周りの者を導く、人生最後の授業。」

 

確かに現代人にとって、死は最大のタブーとして厳重に秘匿されています。

死は畳の上で家族に見守られて…ではなく、病院の個室で人目を避けて迎えるものになっているのです。

 

死とはどういうことか、死ぬ時人間はどうなるのか、誰も教えてはくれないし、巧妙に隠されている以上、考えるきっかけもほとんどありません。受け皿になるべき宗教観も曖昧です。

 

もちろん死は誰にとっても畏怖の対象であるので、日々の生活からできるだけ遠ざけておきたいというのは自然な心理です。

でもそこで目を逸らし続けて、気を紛らわせるためのコンテンツで溢れる清潔な世界を作ったとしても、それが結局のところ虚構でしかないと感じる瞬間がいつか来るのかもしれません。

著者はそんな現代人にメッセージを投げ続けます。

 

メメント・モリ、死を想え」と。

 

なぜなら生と死は一続きのものだから。

そこがゴールなのだから。

そのために生が輝くのだから。

 

「死を想う」。

突き詰めて言えば、これが現代に生きる私たちにとって一番大事なキーなのではないでしょうか。

これは決してネガティブなことではありません。人生を彩らせるために、死という最下点から立脚した、実はもっともポジティブな人生訓なのだと私は思います。

『「死への準備」日記』 千葉敦子 (書評・近藤慎太郎)

生と死を照らす100冊

著者はフリーランスのジャーナリスト、ノンフィクション作家です。

日本とアメリカを舞台に様々なメディアに政治・経済のレポートを寄稿する一方、乳がんを患らってから亡くなるまでの6年以上、その治療と経過、自分の考えや感情の推移を克明に記録して1990年前後に何冊か本を出版しました。

 

著者の作品としては、『よく死ぬことは、よく生きることだ』の方が知られているかもしれませんが、

よく死ぬことは、よく生きることだ (文春文庫)

よく死ぬことは、よく生きることだ (文春文庫)

 

 

齟齬が生じないよう丁寧にまとめ上げられたものよりも、日記の方が著者の考えや感情がより自然に近い形で反映されるのではないかと思い、こちらを選びました。 

「死への準備」日記 (文春文庫)

「死への準備」日記 (文春文庫)

 

 

著者の名前を聞いたことがある方は、「乳がんとの壮絶な闘病生活を送り、抗がん剤の副作用に苦しんだ末に亡くなった」というイメージを持っているのではないかと思います。かくいう私もその1人だったのですが、それはむしろ日本のメディアが作り上げたイメージであって、一面事実であったとしても、本書を読んで「トータルの印象はだいぶ違うな」と思いました。

 

乳がんを患ってから、著者は単身ニューヨークに移り住みます。

そこで周囲のサポートを受けつつ、進行していく乳がんとの闘いを始めます。

しかしその闘病生活にしても、現代医学を盲信して突き進んだわけではありません。

効果がないかもしれないことはきちんと主治医から説明されていて、選択に思い悩みながらも自分らしく生きるため、理性的にがんと向き合って行きます。

 

そして日々変化する体調と相談しながら、料理を作ってパーティーをしたり、コンサートに行ったり、美術館に行ったりして、残された時間を有意義に使おうと一生懸命努力します。

そのバイタリティには圧倒されます。彼女を中心に周囲がグルグル巻き込まれていくのが目に見えるようです。

 

そして本来であれば、彼女のやり方を私たちもまったく同じように踏襲しなければいけないのです。いずれ死を迎えるのは彼女も私たちも同じです。それをイメージできているかいないかの違いだけ。本当は誰しももっと1日1日を慈しみながら生きなくてはいけないのでしょう。

 

そしてそれに関連して、本書はもう一つ大切なことを教えてくれます。

 

乳がんが縦隔のリンパ節に転移し、その影響で声が出なくなってしまいます。

「声を失うことは、一つの死を死ぬことなのだと思う。こうして、一つずつ死を死んで、死の積み重ねが、最後の死へ私たちを導いていくのだと思う。」と著者は言います。

これは本当にその通りだな、と思いました。

 

よく「人間は死に向かって生きている」と言われます。総論としてその通りなのですが、その表現だと漠然としていて今ひとつピンときません。

そうではなく、「生きるということは、自分の一部分が少しずつ死んでいくこと」と捉えたらどうでしょうか。

 

たとえば慢性的に腰や膝が痛いとか、老眼になって見えづらくなったといったことに始まって、病気になって後遺症が残ったというのも、自分の一部が死んだとも言えるでしょう。

そして肉体的なことに限らず、家族や親しい友人を失うということも同様です。やはり自分の大事な一部が死んだのです。

 

もちろん生きていくに従って新たに手に入れるものもあるでしょうが、大切なものでいったん自分から離れたものは、だいたい永遠に失われてしまうのです。

だからこそ、今手元にあるものを、体であっても、家族や友人であっても、永遠に続くものではないんだという思いを持って、大切に、丁寧に生きて行かなくてはいけないのでしょう。